バッティングセンターで効果のある練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)をするためには、バッティングフォームが完成されていることが前提条件になります。 バッティングセンターのマシンの球を打つことばかりに気をとられて、バッティングフォーム(野球などの打者が打つ時の動作で、独自のやり方で行う人も少なくありません)が崩れてしまっては逆効果ですから、しっかりとバッティングフォームをかためてから行くようにします。 それに、バッティングセンターで球を打つことに集中しながら貴方のフォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)をチェックするのは難しいですから、できれば誰かにみてもらうようにしてください。 バッティングセンター(主に野球の打撃を練習するための民間施設をいいます)に行くと、つい前に、遠くに飛ばしたくなるのですが、ただしいスイングでバットの芯に当てるということが何よりも重要になります。 また、同じような速度、球種の球ばかり打っていると慣れてしまいますねから、あるていどの変化をつけるようにして自分を甘やかさないようにします。 または、日によって球の速度や球種を決めて、徹底的に打つ練習をするのも良いでしょう。 それから、自分で立ち位置を変えてみたり、あえてファールを打つ練習をしたりと、練習に目的意識を持つようにしましょう。 せっかくバッティングセンターに来たのに、ただなんとなく打っていたのではお金と時間がもったいないですよー